納豆レシピ☆

2006年05月21日

昨年から兄やんがハマっている納豆レシピを今日は紹介します。

納豆が嫌いな人にはどうやろ?きついんかな〜?

あ、ちなみに兄やんは小さい頃は納豆が嫌いだったのですが、なぜか納豆を克服しようといろいろと試しているうちに納豆が好きになったという変な経歴をお持ちということですw

それはさておき、一応レシピというくらいやから名前をつけて写真を載せてとかしたいのですが、面倒なのでまた後日、ということに。


用意していただくのは、


□納豆・・・1パック

□豆腐・・・冷奴用のを1つ

□きざみネギ・・・適量

□すりごま・・・適量

□ポン酢・・・適量

□天かす・・・お好みで


まず、豆腐をぐっちゃぐっちゃにします。

原型をとどめないよう、狂気のごとくグッチャグチャにして下さい(笑)。

んで、そこに納豆を入れます。

納豆についているたれ的なものは、よほど濃いものでない限りいれてもさほど問題はありません。

というかそれだけ残っても困るので、入れるだけですが・・・−−;

んで、今度は軽く混ぜながら、きざみネギ、すりごまを入れた後にポン酢を入れて混ぜていきます。

ポン酢の量は、ごまの量やその後に天かすを入れるか入れないかによっても変わってくるのですが、軽くなじむくらいを目安に入れて、味を調節してみて下さい。

 

デデン♪

と、ここでワンポイントアドバイス。

まあ、どの料理でもそうですが、調味料関連を入れる場合、少しずつ入れていき、薄いなー、と感じたら足す感じで入れてください。

濃いからといってあとから薄くすることができないものも多いので、料理をするときはこの辺には気をつけてやってみてください。

あと、塩分関連の味付けですが、基本的に冷たいほど塩分が濃く感じられ、熱いほどあまり感じられません。

吸い物やお弁当などで、必ずしも温かい状態で食べられるとは限らないものは通常とは味付けが変わります。

まあ、今回は火を使いませんが、参考までに^^v

by一応調理師免許を持ってる兄やんよりw

 

んで、どこまで書いたっけかな?

あ、そうそう。ポン酢を入れたとこかー。

基本的にはこれで完成です。

兄やんはおやつとして食べる時はここに天かすを入れて、そうでない食事として食べる時は天かすをいれずに食べています。

天かすを後から入れるのは、天かすが水分(ポン酢)を吸い込みやすいから、ということで、天かすがなじまずに、天かす部分が局部的に異様に味が濃くなることを防ぐためです。

 

イソフラボン的なことでいうと摂りすぎに注意、ということで1日1個が目安かと思われます。

納豆+豆腐=大豆だらけ

これはホンマにうまいんで、納豆が苦手じゃない人は一度お試しあれ〜♪


トラックバックURL

この記事へのコメント

1.ぴよ吉   (2006年05月24日 11:00)
兄やん料理人みたい

納豆アウトな私にはペケペケだけど、(*_*)
食べれる人には(好きな人)いいレシピだと思います。

2.兄やん   (2006年05月27日 17:54)
一応兄やんは料理学校に行ってたから。
あくまで一応ね(苦笑)。

ペケペケなつかしーなー。
もし友達で納豆好きな人がいたら勧めてあげて^^v
3.なお   (2006年06月04日 23:03)
こんばんは!

兄やん、お久しぶりです。

お元気でしたか?


え〜と、私は納豆が好きではないんですが、
豆腐が大好きなんで。

殿様納豆のレシピをお知らせします。
http://bihada.stylish-angel.com/2006/03/post_313.html
(ま、これも大豆だらけだけど。
酒のつまみにはいいですよ〜。)


あ。なおって誰やねん?って思ってますよね。

姉やんでした〜。
4.兄やん   (2006年06月05日 23:37)
なおさん@姉やん
どーもどーも

いやー、うまそーですねー。これ。
早速試してみますよ。

姉やんも頑張っているみたいで何よりです。
ようやく暖かいシーズンになってきたんで、兄やんも本気モードになれそうです。

今作ってるサイトとかもできそうになってきたら連絡しますねー。

ほなまた〜^^v

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔